‘上手なメガネ選び’ カテゴリーのアーカイブ

クラシカルなメガネ

最近、テレビを見ていて、丸みのあるシェイプのクラシカルなメガネを、オシャレに掛けこなしている男性が目につきます。当店でも以前から、何本か丸メガネやクラシックタイプのメガネをご用意していますが、今回いろいろな形のものを仕入れてみました。

私自身はあまりこういうタイプは似合わないかな、という先入観があったのですが、何本か試してみて、自分でいうのも何ですが、結構いい感じでした。ということは、このタイプのメガネは、多くの方に楽しんでいただけたり、以外に似合う方が多いのではと思います。

セルフでズームで撮ったので、少しピントが合っていませんが、参考にしてみてください。比較のため、少し色の着いている浅いウェリントンタイプのメガネが、普段のメガネです。

クラシカルなシェイプのメガネ

普段のメガネ(比較のため)

レンズカラーについて

レンズにカラーを入れるケースが多くなっています。カラーを入れる理由は3つ、「眩しさ防止」「コントラストの向上」「オシャレ」です。以前はレンズメーカーによって染色可能な色や濃さは違っていましたが、今は主なメーカーは全て統一カラーとなっています。ですから、基本は日本のどのメガネ店でも共通のカラーで対応しています。この統一カラーは「アリアーテ」と言います。(一部ですが、大手メガネチェーン店で独自のカラーを提案しているところもあります。)

このアリアーテは、全部で27色あり、27色を5つのグループに分けています。

グループは、「ナチュラル ベーシック」「クール スタイリッシュ」「エレガント スタイリッシュ」「モード」「スパークリング」です。最初の3グループにはそれぞれに4つのカラーがあり、濃さは5段階選べます。さらに染色方法は、全面=フル(F)とグラデーション(G)があります。モードは6色、スパークリングは9色です。

ナチュラルベーシックを例に説明しますと、色は、ブラウン系のアースブラウンとシャドーブラウン、グレー系のスカイグレーとシャドーグレーの計4色、濃度は10、15、25、35、50の5段階、10はフルだけですが、他はフルとグラデーションが選べます。グラデーションというのは上の方は所定の濃さの色が着いていて、真ん中くらいから下はだんだん色が薄くなっていきます。オシャレの効果がでますが、あまり縦幅の短いフレームではフルと区別がつきません。濃さを表す数字は、色によって違いますが、おおよそ光の透過率(の逆数)に近く、25ですと、25%通さない、逆に言うと光を75%通すというような目安になります。(イエローのように50でも80%以上通す色もあるのであくまでも目安。)10は一番薄く、着いているか着いていないかわからないくらい、あまり目立ちたくないけどさりげなくオシャレにという感じです。オシャレ目的としては、一般的に15がいいと思います。25は明らかに色が着いているのがわかりますが、オシャレ効果も高いと思います。室内では少し暗く感じますが、屋外でのまぶしさ軽減効果は25くらいから確かになります。なお、夜間の運転は透過率が75%未満は適していないので、一部の色を除いて35以上は不適です。モードは濃度が10,15、25の3段階のみ、スパークリングはサングラスカラーの位置づけになり、濃度は50、75、85で50のみグラデーション可、75と85はフルのみです。

実際のアリアーテで用意している色についてはSEIKO(ここをクリック)のホームページで確認してください。

度の強い人のメガネ選び

近視用の度の強いレンズは厚く重くなってしまいます。

そこで、少しでも薄く軽く見栄えのよいメガネにするポイントをいくつかご説明いたします。

1.屈折率の高いレンズにする

いわゆる薄型とか超薄型とか言われるレンズです。

少し専門的ですが屈折率は5種類ほどあります。

標準(屈折率1.50)/準薄型(1.55)/薄型(1.60)/超薄型(1.67)/超々薄型(1.74)

ちなみに、フォーサイトでは準薄型を標準レンズ(加算0円)として使用しており、超薄型をお求めやすい価格(2枚で加算4,200円)に設定しております。

2.小さめのフレームを選ぶ

レンズは外側にいくほど厚みが増します。そこで小さめのフレームにすると厚い部分がカットされます。ここでチョットしたコツですが、フレームの形自体が小さいことと同時にメガネの横幅も狭い方がOKです。細かく言うと目の中心とフレームの中心が一致することがベストです。

3.セル(プラスチック)フレームにする

重さは軽減できませんが、レンズの横の厚みがフレームのフチの厚みで隠れるようになるのでレンズの厚みが目立ちません。

 

♪♪ 今、松本で話題のメガネスポット メガネのフォーサイト ♪♪

フレーム選び入門編

前に、お顔の形とフレームの相性についてご説明しましたが、今回フレーム選びの基礎を説明したいと思います。 たくさんのフレームを目の前にして、いったいどうやって選べばいいの?! という方のために、シンプルにザックリと言うとですが。。。

1.大きく分けると下の写真Aのようなメタル(金属)フレームと、写真Bのようなセル(プラスチック)フレームがあります。大胆に言うと、プラスチックフレームはお洒落系、メタルフレームは機能系といった感じです。メタルフレームでもお洒落なフレームも沢山ありますが。。。

A:メタルフレーム

B:セルフレーム

 

 

 

 

 

 

2.形は、写真Cのように直線的なスクェア(四角)系は、シャープな印象を与え、メガネが結構主張します。写真Dのように曲線的なオーバル(楕円)系は、優しい印象で比較的メガネが顔に溶け込む感じです。

C:スクェア

D:オーバル

 

 

 

 

 

 

3.色は、黒【写真E】は少しはっきりした感じで、茶系【写真F】は顔に馴染みやすく、赤やピンク【写真G】は(度合いによりますが)かけてみると割合お顔に馴染みます。青や白【写真H】は目立ちます。

E:黒

F:茶

G:ピンク

H:青

 

 

 

 

 

4.フレームの種類では、メガネが目立たない順に、ツーポ(ふちなし)【写真I】、ナイロール(半分ふちなし)【写真J】、フルリム(ふちあり)【写真K】。

I:ツーポ

J:ナイロール

K:フルリム

 

 

 

 

 

 

メガネ選びの参考になれば幸いです。 ♪♪ 今、松本で話題のメガネスポット メガネのフォーサイト ♪♪

お顔の形とフレームの相性

お顔は形やお肌の色、表情と千差万別で複雑ですし、メガネも結構形や色のバリエ-ションが多いので、

掛けてみないとわからないというのが本当かもしれません。

ただ、掛けてみるにしても1500本あるメガネを手当たり次第と言う訳にもいきませんから、一般論として

おおざっぱにお顔の形とメガネの相性を知っておくのは役に立つかもしれません。

■面長

丸みのあるデザインで天地幅(上下幅)の広いフレーム。

色は暖色系。

メタル、セル(プラスチック)のフルリム(フチのあるメガネ)。

天地幅の狭いフレームやナイロール(下のフチがないフレーム)は、

顔の長さを強調してしまう可能性あり。

■丸顔

直線的なラインで天地幅が狭いフレーム。

色は濃い目。

ナイロールやツーポイント(フチなしメガネ)。

丸いフレームは顔の丸さが強調されてしまう可能性あり。

■大きめの顔

太く直線的、シャープなデザインで天地幅が広いフレーム。

色は寒色系。

メタル、セルのフルリム。

小さいメガネは顔の大きさを強調してしまう可能性あり。

■小さめの顔

曲線的なデザインで天地幅が狭いフレーム。

色は肌に近い色。

ナイロール、ツーポイント。

横幅の広いメガネは顔が貧相に見える可能性あり。

♪♪ 今、松本で話題のメガネスポット メガネのフォーサイト ♪♪