遠近両用メガネ

老眼 (-_-)

目のピントを合わせる機能(調節力)の衰え、理由は加齢による目の中の水晶体の硬化と筋肉の衰えです。

若いころは、無意識にですが目の中の筋肉を使って瞬時に水晶体を膨らませて近くのものにピントを合わせていました。

失くして気づくありがたさ、ではありませんが凄い機能を感謝もせず?使っていたのですね。

視生活のクォリティーの低下 (-_-;)

老眼になると字が読みづらい→一生懸命見る→眼精疲労や肩こり

デスクワークの効率が落ちたり読書量が減ったり、あまりいいことがありません。

45才くらいから始まる老眼、平均寿命から考えるとまだ半分、この先の人生は長い。

どう対策を取るかで、視生活のクォリティーは大きく差がつきます。

 

遠近両用メガネ (^_^)v

現在の科学技術でベストの対策は遠近両用メガネです。

今の遠近は境目がなく見た目は普通のメガネと同じです。

遠近は慣れられないと聞くことがありますが、その場合は原因があります。

1.レンズの度が合っていない

2.目とメガネの位置が合っていない

3.レンズ設計が合っていない

と言われても・・・全部メガネ店が決めている そうです、遠近は作る方に少し技術がいるメガネなんです。

これらがOKなら掛けられます!

老眼は残念ながら加齢と共に進みます。徐々にですが。適正な遠近はその人の調節力が足りない量だけ補います。その場合メガネを掛けたから老眼が早く進むということはありません。だから無理せずに早く遠近で快適な視界を満喫してください!

遠近世代はオシャレ世代 (*^_^*)

メガネにはいいこともあります!

印象を変えられる、演出できるのです。

若く魅せたり、かわいく見せたり、かっこよくみせたり。

メガネフレームのデザインとレンズへの薄いカラーリングで目元を立体的にしたり、小じわやくすみを見えづらくしたり。

私(店主)はレンズの開発出身ですが、このメガネのマジック(演出効果)にハマってかなり研究しました。

逆に見づらくてスマホをだいぶ離して見たり、鼻眼鏡で見たり、近視の人はオデコにメガネを上げて見たり、周りの人はそういう仕草を見ています。若作り?をしたりオシャレをしてもちょっとした仕草で年齢を感じさせます。遠近はそういう仕草のないクールなメガネと言えます。

 

 

 

 

 

老眼や遠近両用メガネをもう少し詳しくという方はここをタッチ(スマホ)かクリック(PC)してください。

フォーサイトのページへはここをタッチ(スマホ)かクリック(PC)してください。

 

メガネのフォーサイト

松本駅前交番横 ホテルエースイン松本1F

松本市深志1-1-3 地図 TEL 0263-31-0774

営業時間10:00~18:30 水曜、第1第3木曜定休

元エプソン光学事業部でメガネレンズの企画開発を手掛けた店主とスタッフが2009年に開業したメガネ店で、「技術」と「豊富な品揃え」でご評価をいただいてます