‘サングラス’ タグのついている投稿

レンズカラーについて

レンズにカラーを入れるケースが多くなっています。カラーを入れる理由は3つ、「眩しさ防止」「コントラストの向上」「オシャレ」です。以前はレンズメーカーによって染色可能な色や濃さは違っていましたが、今は主なメーカーは全て統一カラーとなっています。ですから、基本は日本のどのメガネ店でも共通のカラーで対応しています。この統一カラーは「アリアーテ」と言います。(一部ですが、大手メガネチェーン店で独自のカラーを提案しているところもあります。)

このアリアーテは、全部で27色あり、27色を5つのグループに分けています。

グループは、「ナチュラル ベーシック」「クール スタイリッシュ」「エレガント スタイリッシュ」「モード」「スパークリング」です。最初の3グループにはそれぞれに4つのカラーがあり、濃さは5段階選べます。さらに染色方法は、全面=フル(F)とグラデーション(G)があります。モードは6色、スパークリングは9色です。

ナチュラルベーシックを例に説明しますと、色は、ブラウン系のアースブラウンとシャドーブラウン、グレー系のスカイグレーとシャドーグレーの計4色、濃度は10、15、25、35、50の5段階、10はフルだけですが、他はフルとグラデーションが選べます。グラデーションというのは上の方は所定の濃さの色が着いていて、真ん中くらいから下はだんだん色が薄くなっていきます。オシャレの効果がでますが、あまり縦幅の短いフレームではフルと区別がつきません。濃さを表す数字は、色によって違いますが、おおよそ光の透過率(の逆数)に近く、25ですと、25%通さない、逆に言うと光を75%通すというような目安になります。(イエローのように50でも80%以上通す色もあるのであくまでも目安。)10は一番薄く、着いているか着いていないかわからないくらい、あまり目立ちたくないけどさりげなくオシャレにという感じです。オシャレ目的としては、一般的に15がいいと思います。25は明らかに色が着いているのがわかりますが、オシャレ効果も高いと思います。室内では少し暗く感じますが、屋外でのまぶしさ軽減効果は25くらいから確かになります。なお、夜間の運転は透過率が75%未満は適していないので、一部の色を除いて35以上は不適です。モードは濃度が10,15、25の3段階のみ、スパークリングはサングラスカラーの位置づけになり、濃度は50、75、85で50のみグラデーション可、75と85はフルのみです。

実際のアリアーテで用意している色についてはSEIKO(ここをクリック)のホームページで確認してください。

調光メガネ

調光メガネは室内では透明で普通のメガネ、屋外ではサングラスとなるメガネです。(屋内では透明だけどブルーライトカットの効果がある優れ物です。)

紫外線に反応して色が付きます。(目に対しては紫外線をカットしています。)

色はブラウンとグレーの2種類があります。

日本では皆が使っているというメガネではありませんが、欧米ではとてもポピュラーなメガネです。理由としては3つほどあります。白人系の人は眩しさを感じ易いこと、屋外でのサングラスが文化的に違和感がないこと(スーツにサングラスも一般的)、そして、目の健康(保護)という感覚です。

目の健康や保護というのは、紫外線をカットすることと、メガネ自体が紫外線量によって濃さがかわるので、いつも目に最適な光量で目に優しくコントラストも良好、ということになります。

注意点は、発色や退色が瞬時ではない(発色は1分程度、退色は数分)、また、自動車や電車で紫外線カットが施されたガラス窓の内側では色が付かない、および、気温が低いほど濃く色づくことです。

フォーサイトでは、加算+7,000円税別 (例えばメガネ一式5,000円セットの場合+7,000円で一式12,000円~)で取り扱っています。