投稿者のアーカイブ

下方回旋とは

遠近両用メガネは主に縦の視線移動で遠いところから近いところまでピントの合うメガネです。

視線を移動させるためには目(目玉)を動かす必要があり、目は周りの眼筋によって360度上下左右に動きます。これを専門用語で回旋といいます。

遠近メガネで活躍するのが下方回旋、すなわち目を下方に動かすことです。

 

遠近メガネで近いところが見づらい場合、老眼が進んで近いところの度を変えなくてはならない場合が多いのですが、自然な下方回旋でメガネの下部にある近いところを見るエリア(図の近用部)まで視線が届かないことが原因の場合もあります。

その理由としては、主に2つ考えられます。1つは単純にフィッティングがきちんとできていなくて、メガネが下がってしまい近用部に視線が届かないこと。もう1つは、遠近レンズの設計が使用条件に合っていない場合です。

具体的には、鼻パットのないセルフレーム(プラスチックフレーム)などは、個人の鼻の形状にもよりますが、比較的目に近い位置にレンズがくることがあります。(ちなみにレンズと目の距離を角膜頂点間距離といい12mmに設定することを前提にレンズの度数が設計されています。)

隔膜頂点間距離

その場合想像していただくとわかると思いますが近用部まで視線を持っていくのが、頂点間距離が長い場合よりもきつくなります。従ってそのような場合は中間部の短い(近用部までの距離が短い)設計にする必要があります。実際はレンズ自体の傾き(前傾角)も要素に入れる必要があります。

前傾角

老眼とメガネ

こんな話を身近で聞いたことがありませんか?

「40代前半で近くが見づらい(-_-;) もう老眼?」

「90才でもメガネなしで新聞読んでまーす(^^)v」

「遠近両用メガネ作ったけど私には合わない、使えない」

 

・老眼は全員がなる

・ほぼ年齢に比例して進む

・そして老眼には遠近両用メガネがベスト

これは真実です

ではなぜこのようなことが・・・

 

それは、元々の目の特徴に理由があります

元々の目を大きく分類すると「正視」「近視」「遠視」の3種類に分かれます

あなたもこのうちのどれかに属しています

 

近視の人は近くに焦点が合う目で、遠くがぼやけます

90才になっても150才になっても近くは見え遠くはぼやけます

それで遠く用のメガネで過ごしている人は老眼になるとおでこにメガネを上げて近くを見ます

*近視にも「弱め」「強め」があります 強めの人はおでこにメガネを上げスマホを見るとき、周りの人がびっくりするくらい近づけて見ます 弱めの人は老眼が進むとおでこにメガネを上げてもだんだん見づらくなります

 

40才そこそこで近くが見づらくなる人は遠視です

きっと若いころは「視力2.0だぜ!」とか言っていた人です

遠視は遠くを見るときも近くを見るときのようにピント調整している目です(無意識にですが) 正視や近視は近くを見るときだけピント調整します

それで遠視は人一倍ピント調整して近くを見ています

*ピント調整と言いましたが、調節力のことで、この調節力の衰えが老眼です

遠視はいつもピント調整している疲れやすい目でもあります

(いずれもメガネで解決できます)

 

遠近両用メガネが掛けられないというのは、正視や遠視の人から聞きます

近視の人のように若いころからメガネをかけていない、老眼時にメガネデビューする人です

初めてメガネをかける負担(物理的にも、レンズを通した視界という意味でも)に加えて、「度」「メガネの位置」「レンズ設計」が正確に作られていないと掛けづらい遠近にいきなり挑戦するわけですから、相当正確に作られた遠近でないと慣れられない人もいます

ちなみにきちんと作られた遠近なら慣れて使えます

いままでで一番きれいな紅葉を偏光レンズで

偏光レンズは光のノイズ(乱反射)を整理してクリアな視界を実現するレンズです。

最高峰のサングラスとして、釣り(水面の乱反射をなくし水中が見える)やゴルフ(芝目が見える)、ドライブ(クリアな視界)などに使われます。

最近サングラスほど濃くない偏光レンズも開発されました。

夜の運転や室内でも使用でき、対向車のライトの眩しさを軽減したりパソコン等の目の疲れを改善できます。

私もアウトドアでは偏光メガネを使っています。

景色が鮮やかで、紅葉が1.5倍くらい綺麗に見えます。(個人の意見)

ゴルフ・登山などスポーツ用遠近

 

ゴルフや登山やテニスなどスポーツに適した遠近両用メガネをお作りしています

特徴は4点

1.遠用を広く取り動体視力を高める

2.足元くらいの距離を見やすくする(ボールを見やすく、歩きやすく)

3.コントラスト向上のコーティング(芝目やボール、景色が鮮やかになる)

4.スポーツ向きのフレーム

価格(税込)は、39,600円 (フレーム15,400円 レンズオプション価格17,600円 コーティングオプション価格6,600円)

50才くらいから遠くが見づらくなる場合

老眼で近くが見づらくなるのは40代後半から皆さんなりますが、そのあと50代くらいから遠くも見づらくなる方もいます。

主な原因としては2点考えられます。

1つは、白内障とまではいかなくても、目の水晶体の濁りにより視力が低下する場合です。加齢と共に水晶体も少し濁ってきて以前のような視力が出ない場合があります。検眼をしていて、あるいはお客様と話をしていてそのようなことが疑われる場合は眼科受診をおススメしています。

もう1つは、遠視の方です。以前のブログにも書きましたが、遠視の方の特徴として、一般的に「若いころは遠くがよく見える」「人よりも少し早めに近くが見づらくなる」そして、「近くが見づらくなってから何年か後に、よく見えていた遠くも見づらくなる」ということがあります。遠視の場合はメガネで解決できます。

遠近メガネで眉間のシワ解消

今年1月に初めての遠近両用メガネをご購入された方で、先日2本目の遠近をお作りした際にうかがうことのできたお話です。

細かい字を見るお仕事で、見づらい状態で無理をして見ていて眉間のシワが気になっていたそうですが(ご本人いわく鬼しわ)、遠近メガネを掛け始めてからシワが目立たなくなってきて嬉しいとのことでした。

確かに老眼で見づらいとつい一生懸命見て眉間を緊張させてしまうことが多々ありますが、遠近メガネは眼精疲労や肩こりの解消の事例だけでなく、こういうことにも効果があります。

小顔メガネ

メガネ一式 税込7,700円

メガネ一式 税込7,700円

メガネ一式 税込9,900円

メガネ一式 税込9,900円

メガネ一式 税込13,200円

メガネ一式 税込13,200円

メガネ一式 税込13,200円

メガネ一式 税込19,800円

メガネ一式 税込13,200円

鬼滅の刃「PCメガネ」「サングラス」

竈門炭治郎

サングラス

 

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込11,000円

ジョンレノン 税込13,200円

目のためになる話

目の基本的なことを知っておくといろいろ役に立ちます。「近視」「遠視」「正視」それに「調節力」です。目がリラックスした状態で近くにピントが合うのが近視、遠くに合うのが正視、どこにも合わないのが遠視、リラックスした状態から緊張させて(目の水晶体を膨らませて)近くにピントを合わせるのが調節力です。

調節力を使うと目は疲れます。それで30分に一回は遠くを見ましょう、とか言うのは緊張状態をほぐしましょうということです。

このことを応用して日々少しでも目を楽にする方法もあります。

例えばデスクワークや勉強、読書、ゲームのように近いところを長時間見るときの方法です。目から画面や本までの距離を仮に40cmとしてみましょう。40cmというのは調節力でいうと2.50です。

まず近視の人、弱めの近視の人はメガネをかけない状態が一番楽です。強めの近視の人は今かけているメガネから度を2.50弱くしたメガネ(例えば-4.00のメガネの人は-1.50のメガネ)をかけると楽です。

正視の人は2.50のメガネをかけると楽です。

遠視の人はご本人の遠視の度合い+2.50のメガネ(例え+1.00の遠視の人は+3.50のメガネ)をかけると楽です。(遠視の度合いはご自身ではわからないのでメガネ店や眼科で確認する必要があります)

このようにすれば長時間の仕事や勉強やゲームなどで、理論上は今までよりずっと疲れが軽減されはかどるはずです。