投稿者のアーカイブ

メガネのフォーサイトについて

◇創業のきっかけ

2009年フォーサイト創業の前、セイコーエプソン光学事業部でメガネレンズの企画開発を行っていました。

SEIKOブランドで世界最高水準のレンズでしたが、メガネとして最高のパフォーマンスを発揮するためには、メガネ店の技術次第、すなわち使用者に適した「度数の決定」「レンズ設計の選定」「目とレンズの正確な位置関係」がポイントとなります。

創業前の6年間はエプソンから東京のセイコーに出向しマーケティング部門にいました。メガネ店が握っている技術要素を標準プログラム化できないか取り組みました。しかし、メーカーに取り込まれる懸念、メーカーより強い立場の大手メガネ店など、実現不可能なのが現実でした。

そこで、決心したのが地元松本でメガネ店を運営し、自分の手で納得のいくメガネを作るということでした。以来特に技術的難易度の高い遠近両用メガネなどに注力し、使用する方に適したメガネの製作を行ってきました。

◇当店のビジネスモデル

メガネ店の4大経費は、原価(仕入れ)、人件費、広告宣伝費、家賃や減価償却費、です。大手チェーンのメガネ店の強みは大量仕入れで原価率が低く、また大規模な広告宣伝を行います。一方、課題としては熟練技術を有した人材の不足、比較的高いテナント料などです。

当店のような規模の小さな専門店は数を減らしており、創業の理念があっても事業の継続が前提となります。

そこで、フォーサイトのビジネスモデルは、少数精鋭による人件費の抑制、ネット活用による広告宣伝費の抑制、チェーン店にない商品バラエティーの充実、技術力の深化、メガネ使用者の立場に立ったきめ細やかなフォローです。

例えば、フィッティング技術は熟練を要するので店員の腕次第という側面がありますが、かけ心地と快適な見え方の重要ポイントであり、一番こだわっています。

遠近メガネや中近メガネが使いづらい場合

遠近両用メガネや中近メガネが使いづらい場合には次の3点が原因として考えられます。

1.目とメガネの位置関係の不具合

2.レンズの度が合っていない

3.レンズの設計が合っていない

1つ1つポイントを説明します。

目とメガネの位置関係の不具合・・・メガネは目とレンズの距離が12mm程度が適正で、レンズの下の方が少し顔に近づくような角度があると使い易いと言われています。鼻パットのないフレームなどで目とレンズの距離が近すぎる場合は、近いところを見るエリアに目線が届かず使いづらい場合があります。

また、瞳の中心とレンズの焦点が適正な位置関係になっていないとぼやけて見えることがあります。

レンズの度が合っていない・・・老眼は年齢と共に進行するので、3年くらい経つと近いところの度が合わなくなることがあります。また、遠いところの度は老眼の進行とともに少し改善することがあるので弱める必要がある場合があります。

レンズの設計が合っていない・・・レンズは無色透明なので見た目はわかりませんが、1枚のレンズの中は、「遠くを見るエリア」「近くを見るエリア」「その両方を結んで徐々に度が変わるエリア」が配置されていて、その配置の仕方(設計)は多種多様です。

デスクワークが多い人に適した設計、スポーツや運転のなどに適した設計、初心者が慣れやすい設計、近視系の設計、遠視系の設計など、その方に最適の設計を選ぶと快適です。

遠近メガネや中近メガネは作る側にとってみると一般のメガネより難易度の高いメガネですが、それだけに作りがいのあるメガネでもあります。

お使いのメガネが使いづらい時はお気軽にご相談ください。

 

オシャレな遠近両用メガネ

遠近メガネはクールでオシャレなメガネです。老眼になると、近くのものが見えづらいので少し手を伸ばして離してものを見ます。また近視の人はメガネを外せば近くが見えるので、おでこにメガネを上げて見たり、老眼鏡を使う人は遠くが見えないので、鼻メガネにして見たりします。このような動作は本人は必要に迫られて無意識にやっていても、意外とまわりの人は見ています。老眼は40代後半くらいから始まりますが、年齢より若々しい人や若い印象となるよう努力している人も、このような仕草でまわりの人に年齢を感じさせている場合があります。そこで遠近メガネ、今の遠近メガネは境目がなく見た目は普通のメガネとまったく変わりません。遠近メガネは、老眼になっても視生活のクオリティーを維持するための必需品であると同時に、前述のような、回りの人に年を感じさせる動作がないのでクールなメガネです。

髪型やお化粧で顔の印象はだいぶ変わるように、メガネもデザインや色によって顔の印象が変わります。例えば、男性で直線的なデザインでシルバーのメガネはデキる印象、丸メガネ等クラッシックなメガネは知的な印象を演出できます。女性では、若く見せるメガネ、かわいく見せるメガネ、小顔に見せるメガネ、などが人気です。また、レンズ自体に薄い色を付けることで、目元を明るくしたり小じわやくすみ隠しの効果も出せます。平たい感じの目元を少し彫りのある感じにもできます。今までコンタクトレンズだった人で老眼を機会にメガネに切り替える人が増えています。

あなたも老眼時の視生活を快適&オシャレに過ごしてみませんか!?

アフターサービス

基本的にお客様の立場に立ったアフターサービスを行っています。

具体的には、

メガネを使っていて不具合が発生した場合以下無償で対応します。

・ご購入後3カ月以内のレンズ交換

・ぶつけて歪んだなどの再調整

・鼻パットなど消耗品の交換

・点検・クリーニング

・店舗でできる各種修理

店舗で不可能な修理は、修理工場に支払う実費のみをご負担頂くことになります。

遠近両用メガネ中近メガネ

❒価格

遠近メガネ、中近メガネは、フレームやレンズの種類により価格が変わってきますが、一番お安い価格で1万円台からご用意しています。

❒サービス

初めての遠近メガネや中近メガネでよくわからない、あるいは慣れられるか不安と思われる場合もあるかもしれませんが、ご購入の有無にかかわらず簡易テストメガネでのスピード体験や商品説明を無料でおこなっていますのでお気軽にご利用ください。

また実際ご購入される場合は、お渡し時に使い方や慣れ方のコツをご説明すると共に、万が一使いづらい場合はレンズ交換も含め使いこなせるまで無償にてアフターケアを行います。

遠近メメガネ 中近メガネ について詳しくご確認の場合はそれぞれクリックしてください。

標準装備のレンズ

メガネのフォーサイトでは、

メガネ一式(税別) 5,000円 7,000円 9,000円のスリープライスの高コスパメガネと、

メガネ一式(同) 10,000円以上のブランドメガネを、多数取り揃えております。

(メガネ一式とは、フレーム+レンズ+ケース+眼鏡拭き)

セットされるレンズは、

スリープライスは、準薄型球面レンズで、UVカット、キズ防止コート、反射防止コートが標準装備されています。

ブランドメガネは、薄型非球面レンズで、UVカット、キズ防止コート、反射防止コート、汚れ防止コートが標準装備されています。

遠近両用メガネなど特注レンズは、レンズ差額がプラスになります。

メガネはメガネ店で作られる!?

「何をあたりまえなことを…」と思われるかもしれませんが、ちょっと裏話などを・・・

メガネはメガネレンズとメガネフレームから成り立っています。レンズメーカーはHOYAやNIKONなど大手とそれに次ぐ準大手で比較的数は少なく、高度な生産技術の元に高性能な製品が作られています。

一方フレームメーカーは多くの中規模から小規模のメーカーによって生産されています。最近は日本メーカーが中国で生産する場合が多いのですが、多くは高い品質が確保されています。

メガネ店では、お客様にお似合いのフレームに、お客様の目に合ったレンズを加工してセットしメガネを仕上げますが、いいメガネを作るためには4つのポイントがあります。

1.高性能のレンズ

2.高品質のフレーム

3.適切なレンズ度数や設計を選定する検眼技術 

4.目とメガネの最適な位置関係や快適なかけごこちを作り出す加工技術やフィッティング技術

最近は高性能なレンズと高品質なフレームがほとんどですから、決め手は3と4になります。レストランに例えるなら、食材から美味しい料理を作り出すシェフの腕前のようなものです。メガネ店の腕前次第でいいメガネかあまりよくないメガネかが決まると言ってもよいかと思います。

私は、レンズメーカーで長年メガネレンズの企画開発をしてきましたが、どんなにいいレンズを開発してもメガネとしての善し悪しはメガネ店次第という現実にいつも直面する中、メガネに関わる人生の集大成として、この手で最高のメガネをお届けしたいという気持ちが強くなり、上記3と4の技術を徹底的に磨いて、8年前に『メガネのフォーサイト』を始めました。

以来、低価格でもいい掛け易いメガネや、最高の遠近メガネをご提供することを生きがいとしてきています。

「眩しさを抑え」「コントラストを上げる」レンズ一覧

*ハイコントラストレンズ*   レンズ色・・・薄い青

 

【効果】対向車のライト等の眩しさ軽減  コントラスト効果で像がクッキリ見える

中高年で色覚が改善され色が鮮明に見える

【構造】最も眩しさを感じる580nm付近の波長を効果的にカットする

【シーン】夜の運転 スポーツ 野外 液晶画面

【オススメ】ドライバー 中高年

 

 

*NPコート*  レンズ色・・・無色透明

 

【効果】減光効果による光全般の眩しさ軽減  ピンホール効果によるボヤケの改善

眼精疲労の軽減

【構造】レンズの内面に半透明の特殊金属を六角形にコーティング

【シーン】日常全般

【オススメ】光に敏感な人 目が疲れやすい人

 

 

*ファンクションカラー*

レンズ色・・・ブラウン、グレー、グリーンなど色と濃さを選べる

 

【効果】眩しさ軽減  視界を鮮明にする 眼精疲労の軽減 体内時計の乱れ予防

【構造】エネルギーが強く眼内で散乱し易い380~500nmの波長をカット

薄い色でも眩しさをカットしコントラスト向上

【シーン】PC、スマホ、TV ドライブ スポーツ

 

 

*ブルーライトカット*  レンズ色・・・透明(若干反射あり)

 

【効果】眼精疲労の軽減 体内時計の乱れ予防

【構造】エネルギーが強く眼内で散乱し易い380~500nmの波長をカット

【シーン】PC、スマホ、TV

レイバン多数入荷しました

年齢性別を問わず人気のレイバンのメガネ、松本山雅FCの飯田選手も愛用。

レイバンのフレームはデザインが工夫されていて他のセルフレームよりオシャレ感抜群です。

今回多数入荷しました!

薄型非球面レンズ付き 28,000円

RB5150F 5607 52 STRIPED HAVANA

RB5198 2000 53 BLACK

RX5206F 2012 54 DARK HAVANA

RX5272 2372 54 TORTOISE

                                

RB5287F 2012 54 DARK HAVANA

RX5286F 2034 53 TOP BLACK ON

         

 

 

 

 

 

 

上記は一部のご紹介です。フレームのページで全品確認いただけます。

老眼にも、それぞれ

老眼は40代後半からだれでも経験することになりますが、元々の目の状況によってちょっと違った体験をします。
元々の目の状況を大きく分けると、「強めの近視」「弱めの近視」「弱めの遠視および近視でも遠視でもない正視」「強めの遠視」の4種類くらいになります。
弱めの近視と弱めの遠視および正視の人が多いのですが、日本では強めの近視の人も結構います。
では、老眼になってくるとどのようなことを体験してくるのでしょうか?

まず、強めの近視の人ですが、遠くが見づらいので若いころからメガネもしくはコンタクトレンズを使用している人がほとんどです。
老眼になると、メガネを掛けた状態で近くが見づらくなってくるので、メガネの度を少し弱めたり、メガネをおでこに上げて近くのものを見たりします。この場合焦点がかなり近いのでかなり近づけて見る必要があります。老眼は年齢と共に進むのでだんだんこのやり方では不便になり、遠近両用メガネを使用する人が多く、初めての遠近もすんなり慣れてしまう場合多いようです。

次に、弱めの近視の人は、やはり遠くが見づらいのでメガネを掛ける人が多いのですが、少し遠くが見づらくてもメガネを掛けない人も結構います。老眼になると最初のうちはメガネを外せばちょうどいい位置で近くは良く見えるので、メガネを掛けている人はおでこにメガネを上げて近くを見る仕草が頻繁になります。デスクワークはメガネを掛けない方が快適です。よく、50代でも自分は老眼になってないと思っている人がいますが、この種の目の人たちです。しかし、老眼というのはメガネを掛けた状態で、またはメガネを外した状態で、遠く近く両方が良く見ることができなくなってくる現象で、例外なくどなたも40代後半から老眼になります。弱めの近視の人は老眼になってもメガネなしで、または近視用のメガネで過ごしている人も結構いますが、老眼が進んでくるとやはり遠近両用メガネを掛ける人が多く、比較的初めての遠近両用に慣れやすい目です。ちなみに私はこの種の目で、メガネを外すと近くは見えますが、その状態では遠くが見づらいので遠近両用メガネを掛けています。

弱めの遠視および正視の人は遠くが良く見えるので若いころはメガネを掛けていません。40代後半になると近くが見えづらくなります。40代前半で近くが見えづらくなる人もいて、これは弱めの遠視の人です。近くが見づらいので最初は近くを見る時だけお手元用のメガネを掛ける場合が多いようです。しかしお手元用メガネを掛けた状態で遠くはよく見えないので、鼻メガネにして遠くを見ます。鼻メガネで遠くを見るのはシニアの代表的な仕草としてドラマや映画などでも老人の演出に使われます。弱めの遠視および正視の人も遠近両用メガネが便利なのですが、元々メガネを掛けることに馴染みのない人なので最初の遠近両用メガネは近視の人の場合より違和感を感じる場合があるようです。慣れてしまえば大丈夫です。

最後に強めの遠視の人は、かなり早くから近くが見づらくなります。30代後半で近くが見づらい場合もあります。そして、その後何年かもしくは十何年か経つと、今度は良く見えていた遠くも見づらくなります。その状態になると日常生活全般でメガネが必要になるので遠近両用メガネが必要です。強めの遠視の人の目を簡単に解説しておきますと、人の目もレンズですが元々目の度数が少し弱めで、そのため遠くを見る時も無意識ですが自力(調節力)で目を膨らませて目の度数を強くしています。この調節力は主に近くを見る時に必要な機能でこの衰えが老眼です。遠視の人は近くを見る時はさらに強い調節力が必要となり、調節力自体の衰えすなわち老眼の進行は他の目の人と変わらないのに、その目の特徴から近くが早くから見づらくなります。ちなみに調節力は10代が最高で20代以降衰えていきます。